カラダリフォーム

「姿勢と栄養から美と健康に」をテーマに様々な活動をご紹介

日本一の山「富士山」登頂までの道のり①持ち物編

2018年7月に初めて和歌山県金剛山に登ってから約1年・・・

2019年8月13日㈫

ついに・・・夫婦と小学生2人の4人で、無事に富士山の登頂に成功しました。

 

そんな我が家の富士登山記録

これから富士登山を目指している方や、子供と一緒に富士山に登ってみようと思っている方々のお役に立てればと思いもあり、こうして残すことにしました。

疲れのせいか記憶が飛んでいるところもあるかと思いますが・・・(;^_^A

我が家の富士登山記録長くなるかと思いますが、読んで頂ければ幸栄です。

 

約1年間の登山記録は、過去ブログを見て頂けるとどんな山を登って練習してきたかは、おわかりになるかと思いますので省きます。

 

まずは、富士登山に関する持ち物をご紹介します。

・登山靴(モンベル・マムート)

・リュック(デカトロン・モンベル・マムート・アディダス)

 リュックは、腰ベルトや胸にベルトがあるものであれば大丈夫でした。

・衣類(綿ではない長袖、長ズボン)

 大人は、ズボンはワークマンで購入、子供はジャージ

 上は、スポーツウエアのような速乾性のある衣類が良いです。

 あと、ウインドブレーカーなど軽くて体温調節しやすいものがおすすめです。

・防寒着

 防寒着は、ユニクロのファーリースのフリースを圧縮袋に入れて持って行きました。

・帽子

 帽子は必須です。子供たちは、よくあるサファリハットのような帽子を

 かぶっていましたが、レインウエアを着ると邪魔に感じていたので、個人的には

 キャップタイプの帽子がおすすめです。帽子の上からでもレインウエアの

 フードをかぶることが出来ました。

・手袋

 登山用の手袋があれば良いですが、我が家は100円ショップの滑り止め付きの手袋で

 代用しました。でも、雨が降るとびっしょびしょになったので、防水の手袋があれば

 良いと思います。

・日焼け止め

 時々陽がさす程度で曇りや雨などとにかく天気がコロコロ変わり、暑いと感じること

 が全くなかったので油断していたのですが、下山した夜から日焼けで顔が痛くて

 痛くてしょうがなかったので、日焼け止めも必須です。

 忘れがちな耳も塗っておくことをおすすめします。

・タオル

 五合目から7合目あたりまでは、汗を拭いたりしましたが、そこからは汗を拭く

 というよりは、雨で濡れた顔を拭いたりするのに使いました。

・行動食(おやつ)

 おやつは、我が家の定番のパウチに入ったゼリーを持って行きました。

 あとは、高山病になると気分が悪くなったりするとのことだったので、サイダーの飴

 を持って行ったのですが、これはとてもさっぱりして持って行ってよかったです。

 他には、夕食が早いのでおかきやクッキーなどかさばらないおやつは必須です。

 夕食のご飯を2杯食べたのに、すぐにお腹空きました(;^ω^)

・ゴミ袋

 行動食のゴミや飲み物のペットボトルなど捨てる場所はありません。

 時々、トイレのゴミ箱に置いていたりしていましたが、絶対に辞めましょう。

・ウエットティッシュ

 これは、水が貴重な富士山では、ちょっと手を洗いたい時などにあって良かった

 と思いました。

・ストック

 このストック、富士登山数か月前に購入したのですが、あるのと無いのでは大違い‼

 登りは短め、下りは長めで使うことで体への負担が全然違います。

 ただ、岩場で手を使って登る時は少し邪魔に感じることもありましたが、ほんとに

 持っていて良かったです。

・ザックカバーとレインウエア

 ザックカバーもレインウエアも必須です。晴れの予報でも、富士山の天気はほんとに

 変わりやすいです。我が家は、夫婦はワークマン、子供達は、ネットショッピングで

 購入しました。

・飲み物

 今回我が家は、1人1ℓ~1.5ℓで足りました。

 ちなみに、山頂でのジュースの価格は、500mlのジュースが500円でした。

・ヘッドランプ

 我が家は、ご来光を1泊した7合目で見たので必要はありませんでしたが、ご来光を

 山頂で見る方は、必須です。

・サングラス

 あれば安心かもしれませんが、無くても問題無いかも。

 一応持って行きましたが、あって良かったという程ではありませんでした。

 100円ショップや1,000円程度のスポーツ用で十分でした。

・時計

 我が家は、夫婦でランニングをすることもあるのでGAMINをつけて行きました。

・ ファーストエイドキット

  今回我が家では使用することはありませんでしたが、絆創膏やテーピング、

 湿布などがあれば安心だと思います。

・保険証

 万が一何かある時に安心です。

・小銭

 富士山の吉田ルート5合目は、多くの観光客の方が使用するので無料で使用すること

 が出来ましたが、そこから山頂までは、200円~300円程度1回につき必要です。

 我が家は、4人家族なのでトイレ代だけでもかなりの出費となりました(;^_^A

・充電器や予備バッテリー

 おそらく大抵の山小屋では、コンセントが使えるので充電器だけでも大丈夫ですが

 念の為、予備バッテリーやポータブル充電器などがあると安心です。

・マスク

 これは、下山は砂ぼこりがかなり凄くて登りに見た下山者さん達は、全身

 真っ白(茶色?)でした(;^_^A

 かなり砂埃が舞うのでマスクは、下山時に必須です。

 5合目では個包装になったマスクが1枚50円、山頂では1枚200円デスクトップしたの

 で、持っていくのを忘れた方は、5合目でゲットして下さい。

・酸素缶

 念の為に4本(人数分)持って行きました。が、実際使ったのは、1本のみでした。

 ちなみに、モンベルで写真右の5Lの酸素缶を500円で3本と左の酸素缶10Lを1,900で

 購入しました。

 この2本の酸素缶ですが、大きいほうは口でも鼻からでも吸えますが、左の小さい方

 は、鼻で吸うものになりますので、子供が使用する場合は、大きいのがデメリット

 ですが、右の方をおすすめします。

 使用した感じですが、正直実感はありませんでした(;^_^A

f:id:KARADAreform:20190824163346j:plain

・ファブリーズなどの消臭剤

 登山用の靴下などは替えがある方が良いですが、我が家は替えを持たずに

 行きましたので、山小屋で靴下を脱ぎ消臭剤をかけて干しました(笑)

 他にも、衣類や靴などにも使いましたので、小さなボトルに入れ替えて持って行くと

 良いと思います。

 

楽天市場ユーザーなのですが、わかりやすいように楽天市場で購入したものは、楽天ROOMに順次追加していきます。

room.rakuten.co.jp

 

我が家が持って行った物は、こんな感じです。

そして、我が家は貴重品や電気類は袋に入れていたのですが、全てジップロックや袋などに入れておくことをお勧めします!!

小雨だったのでそこまで濡れないかなーとい思ってザックカバーを使用しないでいたら中身がしっかり濡れていました(-_-;)

 

山小屋で宿泊する方は、お手洗いは一人200円のみで使い放題だったので、安心して使えました。

他には、山小屋では個室ではない限り、たくさんの人が同じ部屋で寝ることになりますし、山頂でご来光を見る方は、22時頃からゴソゴソと動きだします。気になる方は、耳栓などがあると良いと思います。

我が家は、半個室のような部屋だったので、人の動きや声が気になるということはありませんでしたが、高山病予防のため部屋の窓を少し開けていたのですが、登山道側だったので、夜中外国人の方が大声で喋ったり、音楽を流したり・・・歌ったりと・・・

22時頃から1時頃までは、眠れませんでした。

また山小屋編で書く予定ですが、忘れそうなので・・・

なかなか見ることの出来ない星空ですごく癒されました。

 

逆に必要無かった物は、ポータブルトイレです。

ポータブルトイレを使えるような草むらみたいなところはなかったです。(途中から草や木は無くなるので・・・)

それに、山小屋は7合目から山頂まで結構あるのでトイレを我慢するということはありませんでした。

ただ、下山ルートは、山頂から7合目まではお手洗いがありませんが、高山病の心配もありませんし、勢いで降りたので約1時間半から2時間の間お手洗いい行きたいということは我が家はありませんでした。

あとは、ヘッドランプも不要でした。

ご来光を山頂で見る方は必須アイテムですが、ご来光を見てから出発したので必要ありませんでした。

 

持ち物については、このぐらいだったと思います。(忘れていたものがあれば順次追加します)

もし気になるようなことなどあれば、遠慮なくコメントやSNSなどのリプ欄などでも構いませんので聞いてくださいね(^^♪

御在所岳 リベンジ登山

昨年、2018年7月から始めた登山ですが、初めて上った山が和歌山県金剛山という山でした。

まだ、スニーカーで体力も無いのに上った山です。

とても道のりは長く、とても足が痛かったです。

そして、和泉山脈葛城山、その次に本に初級という記載されていたので挑戦してみた山が「御在所岳」でした。

 

御在所岳ですが、三重県滋賀県の県境にある山で標高は、1,212mの山です。

ロープーウェイがあるので、安心して昨年上り始めたのですが・・・

道のりがとてつもなく長く・・・長く・・・長く・・・

4時間程上るのに時間を要しました。

足も痛くて・・・痛くて・・・

その頃には、登山靴を購入し履いていたのですが・・・

もう膝が・・・痛くて・・・(まだ30前半なんですけどね)

帰りは、大金をはたきロープウェイで降りました。

 

なので、今年はリベンジ!!と題して、「御在所岳リベンジ登山」をしてきました。

来月に富士登山を家族で目指しているのですが、最後の練習です。

このリベンジ登山が成功したら、富士山も登れるかもしれない!?と、思っています。

 

7月15日(月・祝)3連休で海の日ですが、我が家にはそんなの関係ありません。

朝4時半、大阪を出発し6時半頃に登山入り口の駐車場に到着しました。

前回は、距離が長い初心者向けの「裏登山道」を利用し、ロープウェイ乗り場の近くの駐車場に車を止めて登ったのですが、今回は、難易度は上がりますが距離の短い「中登山道」を登りました。

 

f:id:KARADAreform:20190718141236j:plain

ちなみに、この中登山道口の近くに無料駐車場があるのですが、午前8時ごろには満車となるようなので、こちらの中登山道口付近に駐車を希望の場合は、お早めに行くのをおすすめします。

 

f:id:KARADAreform:20190718144949j:plain

↑下から見たロープウェイの鉄塔

 

f:id:KARADAreform:20190718141939j:plain

道?あってる?と少し不安になりながらも登って行くと

途中、ロープウェイの下を通ります。

朝9時からなので、まだ運行前でした。

お昼から晴れる予定だったので、下は明るいです。

 

 

f:id:KARADAreform:20190718142434j:plain

 

写真には無いですが、おぼれ岩を過ぎると、こんな不思議な岩「地蔵岩」があります。

近くでは、その凄さがわかりませんが、遠くから見るとこんな感じ。

実際見ると、なぜこのような岩と岩の上に岩が!?という感じでした。

 

さらに進んでいくと・・・キレットがあります。

兵庫県の馬の背で、かなり怖い思いをし、小学生の子供もいることも考えて

ここは慎重に・・・と、かなり意気込んでキレットを下始めたのですが・・・

画像や写真で見るよりも怖くなかったです。

f:id:KARADAreform:20190718142938j:plain

 

f:id:KARADAreform:20190718141741j:plain

登山道は、こんな斜面が多く、足元は悪い場所が多かったです。

前日に雨が降っていたので、滑りやすくなっていました。

 

f:id:KARADAreform:20190718142313j:plain

さらに、道?というようなところを登って行きます。

山頂に近づくに連れて岩場が多かったです。

 

途中、若い男性登山者が景色が良いよと教えてくれた場所からの写真

f:id:KARADAreform:20190718143803j:plain

この日は、午後から晴れるということだったのですが、あいにくの雨が降りそうなぐらいの曇り空だったのですが、なんとか景色が見れました。

教えてくれた男性曰く、御在所で一番景色が良い場所とのことです。

特に名前もない場所で、ちょっと広くなった岩場の休憩出来るようなポイントなんですけどね・・・

 

f:id:KARADAreform:20190718144119j:plain

 

そして、8合目までたどり着きました。

意外と?体力的にはまだ余裕がありました。

しばらく、岩場を登り続けて最後、数段の木の階段を登れば・・・

山上公園に着きます!!

この時点で、まだ10時でした。

めちゃくちゃ良いペース!!

 

ただ山上公園に着いた時には、真っ白で景色は全く見えませんでした。

f:id:KARADAreform:20190718144910j:plain

 

昼食を済ませて、いざ山頂へ!!

スキー場を抜けて行きます。

 

f:id:KARADAreform:20190718145244j:plain

ほんとに真っ白で迷いそうでした。

そんな道を少し登っていくと山頂があります。

山頂には、こんな場所も(笑)

f:id:KARADAreform:20190718145332j:plain

 

そして、名残惜しむことなく(笑)

下山

 

山頂からは、裏登山道に合流出来る道があるのですが、この濃霧とアプリの調子が悪く・・・

前回の登山で登った山上公園の場所の登山道のところまで戻り、下山しました。

ちなみに、この裏登山道・・・

初級なんですけどね・・・(本曰く)

めっちゃ距離長いです。

f:id:KARADAreform:20190718145838j:plain

しかも、こんな場所もあるので・・・

ほんとに怖い。

 

前日までの雨で川も増水していたのですが、橋が無いところもあるので

防水の靴は必須です。

 

裏登山道の入り口まで来ると道路があるので、右へ行きます。(トンネルのある方)

f:id:KARADAreform:20190718150540j:plain

そこからしばらく(5~10分ほど?)歩くと、中登山道口の無料駐車場に戻ることが出来ます。

今回は、約8時間

距離にして約12kmでした。

f:id:KARADAreform:20190718150910j:plain

 

f:id:KARADAreform:20190718150945j:plain

 

帰りは、すぐ近くの「希望荘」という宿泊施設で日帰り温泉&焼肉食べ放題を満喫して帰りました。

富士登山を目指し登山をしてきましたが、いよいよ来月は富士登山にチャレンジしてきます。

 

糖質制限や糖質カットについて

今流行りの「糖質カット」や「糖質制限」ダイエットについてご紹介致します。

 

ボディメイクトレーニング(自重トレーニング)やコアコンディショニングクラブ(ストレッチポール・ひめトレ)、他にも、体内のビタミン・ミネラル量の測定などの健康測定会を行っているのですが、中でもダイエットについて聞かれることが多いです。

その中でも、今は「糖質」について聞かれることがかなり多く・・・

 

「糖質カットしたらめっちゃ痩せて、1か月で3キロも落ちた!!」

糖質制限したら、痩せて嬉しい!」

 

などと、聞くことがあるのですが・・・

ほんとにそのダイエット正しいのでしょうか?

 

他にも、糖質制限ダイエットの一種「ケトジェニックダイエット」

 

ほんとに、安全で健康的に痩せられるのでしょうか?

 

もし、ダイエットを行っているのであれば

本当に大丈夫なダイエットなのか、考えてみてください。

 

ちなみに、先日お会いした方は、数か月間、糖質をカットしたら劇的に痩せたそうですが・・・

体のあちこちに不調が出てしまったそうです。

 

他には、炭水化物を長期的にカットした男性は、誰もが優秀というほどだったようですが、精神疾患を患ってしまい、外出もままならないような状態になったそうです。

 

どちらの方も、共通しているのは「食生活」

その中でも「糖質」をカットしています。

 

糖質を取りすぎていて太ってしまった方には、とても有効的な「糖質制限」ですが

糖質が必要摂取量にも満たないのに、減らしてしまうと・・・

 

体に不調が起きたり、精神疾患となってしまう場合があるのです。

 

ちなみ、ケトジェニックダイエットについてですが

ケトーシス」という病気を利用したダイエットなので、とても危険です。

 

さらに、脳のエネルギーは「ブドウ糖」という糖質ですが

このブドウ糖が体の中で不足すると、筋肉などを分解して「ブドウ糖」を体内で作りだします。

と、いうことは・・・

ダイエットして落としたいのは、脂肪のはずなのに、実際落ちているのは筋肉となります。

 

体に必要なのは、酸素・水・五大栄養素なのに、その五大栄養素に含まれている「炭水化物」をカットしてしまうと、体に不調や異常が起きてしまうのは、当然です。

また、その不調や異常の原因に気づくことが大切です。

雲山峰(紀泉アルプス)

6月上旬、

1ヶ月ぶりに山登りに行って来ました。

 

妻の地元の山、雲山峰に行きました。

朝7時に家を出て、8時半頃にはJR阪和線山中渓駅に着きました。

わんぱく王国の駐車場に車を停め、山中渓駅の近くにある登山口へ

(山中渓駅から和歌山方面に少し歩くと登山口へ行く曲り道があり、踏切を渡り進んで行くとあります。)

 

大きなアップダウンはあまりない道でした。

ただ、登山者はかなり少なく鬱蒼と生い茂っている山道なので、一人では危険です。

途中には、案内板などもありますので、道に迷うことはなさそうです。

f:id:KARADAreform:20190615161523j:plain

 

f:id:KARADAreform:20190615161833j:plain

お天気が良ければ、淡路島まで見えるようですが、この日はあいにくの曇り空だったので、うっすらとしか見えませんでした。

f:id:KARADAreform:20190615161642j:plain

雲山峰の山頂!?はかなり控えめ?

 

f:id:KARADAreform:20190615161732j:plain

 

f:id:KARADAreform:20190615161803j:plain

当初、六十谷駅に向かう予定でしたが、この日はお天気も怪しかったこともあり、急遽紀伊駅におりることにしました。

 

紀伊駅に向かうには、看板通りに進んで行くのですが、最後はかなりあってる?というような山道?でした。

ほんとに獣道のような道でしたが、なんとか道路にたどり着きました。

道路からは、紀ノ川サービスエリアなどが見えました。

 

この山中渓駅から紀伊駅までの1山?のコースですが、一番困ったのはお手洗い!!

子供がいる我が家は、大変でした。

 

f:id:KARADAreform:20190615162240j:plain

 

わんぱく王国でお手洗いに行き、なんとか紀伊駅までお手洗いに行くことはありませんでしたが、簡易トイレがあると安心かもしれません。

もちろん、自動販売機なども途中にありませんので、飲み物も山中渓駅周辺で購入することをおすすめします。

 

子供さんも一緒に登る場合は、帰りにわんぱく王国でちょこっと遊ぶのもおすすめです。

恐竜の滑り台があり、滑って行くと「ガオー!!」って鳴ります(笑)

クラブの目標人数達成!!

毎週水曜日14時から15時までの1時間、八木市民センターの集会室をお借りして、30代から90代までの方たちみんなで「コアコンディショニング健康クラブ」として、ストレッチポールやひめトレを使ったり、体幹運動を行っているのですが

そのクラブの人数が、6年目の今年、今年度の目標としていた60人を達成しました。

昨年度は、50人程の方々が集まって頂きましたが、今年度は募集開始してから毎週のように体験の方がいらしてくださり、本日60人目の方が入会して下さりました。

 

正しい姿勢、痛みの無い身体を自分で作る

そして、「死ぬまで自分の足で歩く」を目標に毎週頑張ってます。

 

f:id:KARADAreform:20190515164328j:plain

 

季節の変わり目は、どうして体調を崩しやすいの?

季節の変わり目になると特に体調を崩す人が増えます。

でも、100人いれば100人体調を崩しているわけではありません。

それは、なぜでしょうか?

 

季節の変わり目に体調を崩す人、崩さない人

この2つの違いは、

「3つのバランス」です。

 

3つとは運動・休養・栄養

 

運動とは、活動量

休養とは、回復量

栄養とは、回復量

 

この3つのバランスがとても重要になるのですが

季節の変わり目には、体質の変化が起こります。

この体質の変化にも栄養が必要なのですが、いつもと同じだと

この体質の変化に使う栄養が不足し、体調を崩してしまうのです。

 

では、具体的にどうすれば良いのでしょうか?

 

仕事を休むことが出来るのであれば活動量を減らすことが出来ますが・・・

なかなか難しいですよね。

睡眠もとても大切ですが、さすがに限度があります。

そこで、増やして欲しいのが栄養です。

 

季節の変わり目に不足しやすい栄養をしっかり摂取することで、季節の変わり目に体調を崩すことを防ぐことが出来るのです。

 

必要な栄養をしっかり摂る と、いうことが生きるためには必要なのです。

 

体調など相談に来られる方に食事の内容や量などを聞いていると、足りていない方が圧倒的に多いです。

特に年配の方は、食事が喉を通りにくいなどということやあまり量が食べられずと困っている方が多く見られます。

夏場は特に、暑いからという理由でさっぱりした物(野菜やそうめんだけ)なんて方も多く、栄養失調という状態に気付いていない方が多くいます。

 

栄養で特に大事なのは三大栄養素炭水化物・たんぱく質・脂質

f:id:KARADAreform:20190512135725j:plain

 

この3つを食事の中心に取り入れることだ大切です。

また、少量しか食べられない方には、1度ではなく、食事の回数を小分けにして食べて頂くようにおすすめしています。

 

これから暑くなり体調を崩す方が多くなります。

今年こそ体調を崩さないようにして、夏を乗り切りましょう。

 

食事の相談や体調などのお困りごとなどありましたら、遠慮なくご相談下さい(^^)

 

karadareform.s-shiota.jp

 

石鎚山 登山

西日本2位の高さを誇る剣山を前日に制し、その日は徳島に泊まり翌日は、西日本第1位の高さを誇る標高1,974mの石鎚山に登って来ました。

 

朝7時半に徳島県を出発し、愛媛県に向かいました。

今回のコースは、こんな感じです。

f:id:KARADAreform:20190510110712j:plain

 

石鎚山は、登山口までは、駐車場に車を停めてからロープーウェイに乗る必要があります。

ロープーウェイ乗り場付近には、駐車場がありましたよ。

 

そのロープーウェイ乗り場に向かう車の道中、車が全然通らず・・・

あれ?こんな少ないもん?

などと思いながら、駐車場に着くと、既に多くの車が止まっていました。

 

ロープーウェイに乗り込むとこの景色!!

f:id:KARADAreform:20190510111102j:plain

この日は、めっちゃ天気が良くて山の色がとてもきれいでした。

ロープーウェイに乗っている間動画を撮っておきたかったのですが・・・

かなりの登山客でこの写真だけとなってしまいました。

 

ロープーウェイを降りて、成就社という場所(神社)に向かいお参りをしてから登山口へ向かいました。

 

ただ、この成就社までも結構な坂道・・・しかも下り坂で・・・

30分程下りました。

 

そこから、やっと登山口から石鎚山山頂を目指し登って行くのですが・・・

途中「鎖場」という鎖を上り下りしないといけない崖があります。

f:id:KARADAreform:20190510111729j:plain

この写真は、「試しの鎖」と呼ばれるところで74mあるそうです。

旦那と我が家の長女(小5)は、この鎖場を登って行きましたが、嫁と次女(小3)は階段のある回り道で進みました。

 

ちなみに、この高い崖を登りきると石鎚山山頂が見えるとてもきれいな景色です。

登った感想は、登りの方が怖い!!山水で水が流れているところがあり、足を滑らしそうで怖いです。

回り道をすると下りの部分が見えるのですが、そこから見ると下りの方が怖そうですが、下りはそうでもないそうです。

 

試しの鎖場を抜け、「一の鎖」も旦那と長女は、鎖で

嫁と次女は、周り道で行きました。

ちなみに、一の鎖は、登りのみでした。

f:id:KARADAreform:20190510112456j:plain

 

鎖場は、3までありますが、我が家は1までのみとしました。

長女は、登りたそうですが・・・

万が一のことを考えて辞めました。

安全第一です。

 

f:id:KARADAreform:20190510112623j:plain

 

そこから山頂を目指し再び登って行くのですが・・・

 

石鎚山の登山マップには、2時間程で山頂などと表記があったのですが・・・

 

登っても登っても山頂は遠く・・・

 

10時前から登り山頂に着いたのは、13時過ぎでした。

ただ、石鎚山の山頂から天狗岳という場所に行くと標高1,982mという場所に行けるのですが・・・

かなりの高さと鎖場に我が家は断念しました。

 

ただ近くに居た方は、親子なのかな?娘さん(20代くらい?)とお父様がいて

お父様が「もういいよなー」などと仰っている中

娘さんは、「え?私行くよ」

「じゃー荷物持っといてやろうか?」

「え?このままでいくよー」

などと、ひょいひょーいと進んで行かれました(・・;)

 

ちなみに、天狗岳は、写真の中央

f:id:KARADAreform:20190510113547j:plain

 

写真を撮った場所は、神社がある場所なのですが、神社から降りていくと天狗岳に渡る鎖場があります。

 

今回、初めて石鎚山に登山して思ったのは、高所恐怖症の方には、おすすめしないということです。

f:id:KARADAreform:20190510113938j:plain

 

こんな左にふらついたら終わりの階段や、下がフェンスのような網状になった場所など山頂近くにはたくさんありました。

 

さらには、木の階段があるのですが・・・劣化でゆらゆらとかなり揺れて嫁は、幾度も足がすくみ動けなくなりました。

 

途中、他の登山者の方に「大丈夫ですか?」と心配されるほど・・・

 

でも、子供達は軽い足取りで進んで行きました。

 

あ!!子供達が楽しそうだったのは。雪!!

季節外れの雪が山頂近くには、たくさん残っていました。

 

f:id:KARADAreform:20190510114331j:plain

 

冷たいーーー!!

などと言いつつも、季節外れの雪遊びをしていました。

 

登りは登りで辛くしんどかったですが、下りは下りで不安定な階段を下りるのに苦労しました。

今回は、約7時間かかってやっとロープーウェイ乗り場まで戻ってくることが出来ました。

 

f:id:KARADAreform:20190510114848j:plain

f:id:KARADAreform:20190510114816j:plain

 

標高の高い山で山頂の寒さを心配していましたが、晴天ということもあったのか寒さはほぼなく、ウインドブレーカーがあれば全然問題なく過ごせました。

逆に、太陽が近いせいか暑く焼けるような感じでした。

 

石鎚山もHPがあり、登山マップが掲載されています。

http://www.ishizuchi.com/crim

こちらのマップには、お手洗いの場所なども記載されているので、とても安心です。

 

もう1日徳島に泊まり、翌日は、高知県を観光してから大阪に戻りました。

さすがに3日目の高知観光は、足が重く階段に苦労しましたが

子供達は、元気に高知の桂浜で走り回ってました。